2018年09月21日

子連れで伊勢一泊旅行 その1

ずいぶん久しぶりの更新・・・
・・・大丈夫、生きてます(笑)


もう随分と前になってしまいますが、今年の3月に伊勢に一泊旅行をしたので、
その時の旅行記なんぞを、本当に今更ですが書いてみようかなと。


***

もう何年も前からず〜っと伊勢神宮に行きたいと思っていたのですが、
なかなか機会が持てず・・・
今回ようやく念願の 初☆伊勢神宮♪


伊勢神宮に行くにあたって、伊勢神宮の事をいろいろと調べたのですが、
伊勢神宮には「外宮」と「内宮」があって、参拝順は外宮→内宮。
更に、古来は伊勢神宮に参拝する前には「二見浦」で禊をしたとの事。

今回はその正式?ルートにならって、
一日目:二見浦→鳥羽のホテル
二日目:鳥羽のホテル→伊勢神宮外宮→内宮 という日程で行くことに。
ちなみに、3歳1歳の子供連れ、
自家用車にベビーカーを積んで行きました〜。



一日目。
自家用車で一路、伊勢へ。
車は二見浦(二見ヶ浦?どちらが正解?)のすぐ側、
伊勢シーパラダイスという水族館の駐車場へ止めて、目的の二見浦へ。
無料駐車場もあったみたいですが、あとで近くを通ったらいっぱいで駐車待ち状態だったので、
すぐ止めたいならシーパラダイスの駐車場がいいのではないかと。

伊勢旅行
伊勢シーパラダイスの駐車場から

「二見浦」の名前の由来は「あまりの美しさに二度見したから」との事ですが、
なるほど、確かにその名の由来の通り、とても綺麗な風景でした。
伊勢旅行

夫婦岩。
伊勢旅行
この夫婦岩は鳥居の役割をしているそうで、
天気のいい日は夫婦岩の間に富士山も見える?!
しかも夏至の日には夫婦岩の真ん中から日が昇るそうです。
なるほど〜、なるべくしてこの場所が夫婦岩になったのですね。

二見興玉神社には蛙がたくさんいます。
伊勢旅行

伊勢旅行
蛙は御祭神の猿田彦大神の使いとの事。

その他に、天照大神が隠れた場所とされる天の岩屋があったり、
君が代に出てくる「さざれ石」があったりと、狭い範囲に見所が詰まった場所でした。
(写真がないので割愛・笑)

神社の先には砂利浜の海岸。
伊勢旅行
風が通ってとても気持ちがいい場所です。
波打ち際でぱちゃぱちゃしてみたり、砂利で遊んでみたりと、子供も気分転換。

海岸から二見浦駅までは、昔ながらの旅館街が続いているそうで、
賓日館という重要文化財の建物もあったりするのですが、
どうも駅までは結構距離があるっぽかったのと、子供達も飽きて来ていたので
少し歩いてUターン。
伊勢旅行

二見浦、正直「伊勢参りの正式ルートだそうだから・・・」と
特に思い入れなく訪れた場所ではありましたが、
実際ものすごく素敵な場所で、訪れて本当に良かったです!
まさに「禊場」心が洗われたようなすがすがしい気持ちになりました。
また伊勢参りをすることがあれば、必ずルートに入れたいです!
今度は伊勢シーパラダイスにも入ってみたいな〜。


・・・とそんな感じで、二見浦を後にして、一路ホテルへ。
ちなみに、今回は子供を2人連れての初めての帰省以外の旅行という事で、
「お子様歓迎プラン」のあるホテルを選びました。
ホテルへの道中、鳥羽水族館や、ミキモト真珠島など、
面白そうな場所もいくつかあったので、次の機会に行ってみたいです♪


今回の一泊旅行は「伊勢神宮」が最大の目的でしたが、
「宿でゆっくり美味い飯!」がもう一つの目的でした。

なので、夕飯はちょっと贅沢して
伊勢エビ、松坂牛、あわびの三重グルメ三種付きプランにしましたよ!!(゚∀゚)☆
伊勢旅行

うひょ〜(゚∀゚)☆
伊勢旅行

テンションあがる〜(゚∀゚)☆
伊勢旅行

私、実は貝類があまり得意ではないのですが、
このあわびがめちゃめちゃ美味しくて、超感動しました(゚∀゚)☆
今回の旅行のMy No.1グルメ!(゚∀゚)☆
実は写真撮るのと子供の世話で時間をくって、しゃぶしゃぶの食べ時を逃し、
せっかくの松坂牛を水しゃぶ・・・ほぼほぼ生肉状態で食べました(;´▽`A`` 
しゃぶしゃぶは食べ時に食べるべし\(^o^)/ 




・・・と、そんな感じで一日目終了〜♪
二日目は伊勢神宮の外宮→内宮へ行きます。

・・・なるべく早く その2 もUPします・・・
・・・する予定です・・・(;´▽`A``



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184468736
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック