2012年09月24日

ドイツ旅行記 〜9月5日 ハイデルベルク

ドイツ2日目後編⇒ドイツ旅行記 〜9月4日 ライン川クルーズ


***


9月5日、ドイツ3日目、
この日はハイデルベルクに行きました。

本日もジャーマンレイルパスを使用。
フランクフルトで飛び乗ったのはコンパーチメントタイプの車両。
ハリーポッターで見て、憧れていたのでちょっとテンションあがりました↑↑↑
小部屋の中には年配の女性とキャリアウーマン風の女性が座っていたので、
ご一緒させていただきました。

私達が買ったジャーマンレイルパスは2等車用だったので、
「この車両は2等車ですか?」と年配の女性に英語で質問したのですが、
どうやら年配の女性には通じなかった様子。。。
それを見てキャリアウーマン風の女性が"Yes."と答えてくれました。
ドイツでは英語でもほとんど通じるけど、
年配の方や田舎だと英語が通じないこともあるそうなので、
今回はそのケースだったのでしょうか・・・???

とまぁ、そんな感じで今回は静かに電車の旅。
宿泊地フランクフルトからハイデルベルクまでは乗り換えなしで1時間程・・・

・・・な、はずだったのですが・・・

途中電車が長いこと止まって、ようやく動いたと思ったらまた止まり・・・
車内放送も聞き取れず、同席の方々にも聞くことができず、とても焦りました。
結局今でもなんだったのか謎のままですが(笑)
三十分程遅れてハイデルベルクに無事到着。

ハイデルベルクは観光スポットの旧市街まで中央駅から1.5qくらいあるそうで、
中央駅前は現代的な感じでした。
ハイデルベルク
駅から旧市街までバスも出ているのですが、
街の様子も見たいし、頑張って1.5q歩くことに。

旧市街の入り口ビスマルク広場までは普通の現代的な街です。
道は広々としているのですが、特に面白い建物も見当たらず・・・
あ、でも信号機はアンぺルマンでした!
ハイデルベルクハイデルベルク
アンぺルマンは旧東ドイツ時代の信号機のマークだそうで、
ハイデルベルクでもアンぺルマンが使われているんですね。

そんなこんなでしばらく歩いてビスマルク広場に到着。
地味に遠かった・・・orz
ここから旧市街に入ります。
ハイデルベルク
旧市街に入ってからも中々の距離があります。
ハイデルベルク
途中道沿いや横道にちょっと入ったところに色々建物はあるのですが、
ここまで長距離歩いた疲れであまりよく覚えてない・・・(−−;
まだ朝なのに・・・(−−;
正直言って、ハイデルベルク一日観光するなら、
駅からビスマルク広場or大学広場までバス乗った方がいいです。
メインの前に疲れちゃいます・・・orz

そんな感じで、旧市街をさら〜っとだら〜っと歩いてきましたが、
ようやく着きました、マルクト広場!
ハイデルベルクハイデルベルク
たくさんの観光客と聖霊教会沿いにずらっと並ぶお土産屋さん!

マルクト広場を市庁舎の方へ抜けると・・・
本日のメイン、ハイデルベルク城が見えてきました!!!
ハイデルベルク
うっひょ〜かっこえぇ〜!!!( *´Д`)


というわけで、早速ハイデルベルク城へ向かいます。
ケーブルカーが出てるとの事ですが、乗り場が見つけられず、
気が付くと急な坂道に・・・
ハイデルベルク
キツイよ〜。・゚・(つД`)・゚・。

坂を上りきるとハイデルベルク城の入り口らしきものの前にちょっとしたスペースが。
ハイデルベルク城
ここからでも既にいい眺め!
ハイデルベルク城

入り口から更に進むとチケット売り場があります。
ハイデルベルク城
薄暗いので雰囲気のある写真が撮れます(笑)

入場チケットは中庭と大樽と薬事博物館と帰りのケーブルカー込で5ユーロ。
城内ガイドツアーは4ユーロでツアーじゃないと場内は入れないとの事だったので、
チケット売り場で入場チケットとガイドツアーのチケットを購入。
チケット売り場の方の言葉がなかなか聞き取れず、
同じ事3回くらい説明させてしまいました(汗)
ガイドツアーの集合場所も聞き取ったのが間違っていて、
結局別の人に教えてもらうという・・・(;´▽`A``
英語出来ない日本人でごめんなさい〜(汗)

そんなこんなで、苦労してチケットを購入して、いよいよ中へ!
ハイデルベルク城
入って奥側は工事中でした。
ここも眺めがいい♪
ハイデルベルク城
聖霊教会とカール・テオドール橋が綺麗に写真に納まります♪

さていよいよ中庭に。
中庭は360度どこを撮っても絵になります。
ハイデルベルク城ハイデルベルク城
個人的に一番気になったのは、壁に書かれたこれ↓
ハイデルベルク城
多分時計だとは思うのですが、どうやって読むのかな?

そうこうしているうちにガイドツアーの集合時間になったので、建物の中へ。
建物中も武骨な感じかと思っていたのですが、意外と豪華でした。
ハイデルベルク城

途中中庭を通った際、ガイドツアーのメンバーと記念撮影。
こういう感じは各国共通なんですね(笑)
カメラマンさんは日本語交じりに話しかけてくれました。

他の参加者さんはガイドさんに質問したり会話したりと和やかな感じで進んでましたが、
英語ダメダメな私達は説明も半分くらいしかわかりませんでした・・・(ノω・、)
あ、でもトイレの話をよくしてた気がする!(笑)

ガイドツアーは城内に作られた教会で終了。
教会を出るとお兄さんが先程撮った写真を売っていたので、8ユーロで購入。
またもや日本語交じりで話しかけてくれました。
日本人ってそんなにわかりやすいのかな???

その後ワインの大樽、薬事博物館も見に行きました。
ハイデルベルク城ハイデルベルク城
確かに大樽でかいっ!!!

と、ここまで見てもうすでに2時近くなってたので、
そろそろ街に降りることに。
入ってきたところと反対側から出るとケーブルカー乗り場があって、
チケットにも片道分のケーブルカー代が含まれているので、
迷わずケーブルカー利用!
・・・楽っ!(゚∀゚)

降りてみたら、乗り場は坂道の手前にありました。
行くときに気が付いていれば・・・orz


お昼がまだだったので、観光よりまずは腹ごしらえ!
ということで、ハイデルベルクに行くと決めてから、
絶対行こうと心に決めていた「クネーゼル」というチョコレート店、
そのお店のカフェでお昼を食べました。
ハイデルベルク クネーゼル
メニューは全てドイツ語で全く内容が解らずに適当に頼んだのですが・・・
ハイデルベルク クネーゼルハイデルベルク クネーゼル
サラダと・・・これ何???笑

後でメニューのドイツ語の解読を試みたのですが、
どうやら何かのお魚とりんごを和えたものっぽいのですが・・・
(今調べてみたらどうやら"hausfrauenart"=「ニシン」だったみたいです。)
恐る恐る食べたのですが、どちらも日本ではない味でしたが美味しかったです。
・・・よかったぁ〜(;´▽`A``

その後はチョコレート店の方へ。
ハイデルベルク クネーゼル
有名な「学生のキス」をお土産用に購入しました♪
エコバックもあって、その時はスルーしてしまいましたが・・・
・・・買えばよかったぁ・・・(ノω・、)


さて、目的のお店にも行けたので観光再開!
ハイデルベルク城からも見えたカール・テオドール橋。
ハイデルベルク カール・テオドール橋
横にはサルの銅像があります。
ハイデルベルク カール・テオドール橋
このサルが持っている鏡は偽善者を映す皮肉・・・との事。
(´・ω・`)???


ちなみに、橋の近くにはこのおサルさんの看板もありました。
ハイデルベルク

橋の上からはハイデルベルク城の全景が見えます。
ハイデルベルク

橋を渡った先にはシュランゲン小道という細い上り坂があります。
ハイデルベルク シュランゲン小道
うっひょ〜!雰囲気あるぅぅぅ〜(゚∀゚)

ここを上った先の哲学者の道からはハイデルベルクの街が綺麗に見えるということで、
体力の限界も近かったですが、上ってみることに・・・


・・・↓↓↓orz↓↓↓・・・

正直体力がない人にはかなりきつい上り坂です・・・
この日は本当歩きすぎ・・・orz
でも確かに眺めはとても素敵です。
ハイデルベルク
上の写真はシュランゲン小道の途中の開けたところで撮りました。

一応哲学者の道まで上ったのですが、そこでギブアップ・・・
哲学者の道はほとんど歩かずシュランゲン小道を下りました・・・orz


辛い山登りを終えたところで、次は聖霊教会へ。
ハイデルベルク 聖霊教会
ここも大きくて綺麗な教会でした。

今回の旅で立ち寄った教会のほとんどにキャンドルを捧げる?場所がありましたが、
ハイデルベルク聖霊教会のこのキャンドル台が個人的に一番好きでした。
ハイデルベルク 聖霊教会


さて、今までがっつりと観光をしたので、マルクト広場のカフェで小休止。
途中近くで飲んでいたおじさんたちのグループが急に歌いだしてびっくり!
かなりの大人数なのにハモリもバッチリで凄かったー!!!(゚∀゚)☆
ドイツのこういう雰囲気、日本じゃ絶対味わえないっ!!!(゚∀゚)☆


なんだかんだ歩き回ってめぇぇぇぇぇ〜っちゃ疲れたけど、
ハイデルベルクを満喫できました♪

あ、もちろん帰りは大学広場から駅までバス使いましたよ(笑)

夕飯もフランクフルト駅で買ったソーセージで簡単に済ませて
この日も早めに就寝するのでした( _ _ )/




***

ドイツ4日目前編⇒ドイツ旅行記 〜9月6日 ケルン→ローテンブルク


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58492575
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック